未分類

ワット・サマーン・ラッタナーラーム (ピンクガネーシャ)の寺院内の風景

投稿日:2019年9月26日 更新日:

ワット・サマーン・ラッタナーラームはピンクの象の像が有名なのでそちらに目が行きますが、像以外にも様々なものがあります。像以外は有名でない分楽しむことができることでしょう。それでは寺院内の風景について紹介していきます。

  1. 鯉のエサやり
  2. カフェでまったり
  3. あれ?な人形
  4. そっくりな人形

1、鯉の餌やり

近くに人口でできた幅30㎝ほどの川があり、その中をたくさんの鯉が泳いでいます。近くにはエサと料金箱がおいてあり、ここまでの光景は日本でも見ることができます。が、しかし、エサの入れ物を見ていただくとお分かりいただけるかと思いますが、日本とは異なった入れ物に入っています。

哺乳瓶???

では実際にどうやってエサをあげるかというと、もちろん…

こうですね(笑)人間と同じ使い方をするとは…

待っていると…

ぱくり!と鯉が飛びついてきます。哺乳瓶を持っていかれるかと思うくらいの吸引力、お子さんなど盛り上がること間違いなしのエサやりです。実際に周りでは子供が盛り上がりながらエサやりしていました。おじさんは一人だけでした…(笑)

2、カフェでまったり

有名な寺院ともいえど、タイの寺院なのでクーラーはもちろんありません。ただただ蒸し暑いです。その中で唯一クーラーのあるオアシスが存在します。そのオアシスの名前はCAFE AMAZONです。 CAFE AMAZON については別記事で紹介していますので興味のある方はそちらも併せてご覧ください。

まさにオアシスかよ…と思うほど涼しい、なのにそこまで混んでいない。タイ人は蒸し暑いのに慣れてしまっているのだろうか…

3、あれ?な人形

寺院内には様々な人形があります。その中にはあれ?と思うような見た目の人形が何体かあります。それが…

どこか日本で見るものと違うような…

このほかにもキャプテンアメリカのピカチュウのような人形もありました。訪れた際はこのような人形もご覧になると旅の思い出がさらに増えること間違いなし!

4、そっくりな人形

こちらは先ほどとは違い、とてもリアルな人形です。 近づくまでは本物のお坊さんが座っているのかと思うくらいリアリティのある人形でした。

人形の横に20バーツ渡すとたくさんの小銭と交換する場所があり、その小銭を人形の前にある器に入れます。ほかの寺院でもよく見られる賽銭の方法です。再選をされる方は人形の前のフローリングのスペースはお祈りをする場所のようで土足厳禁のようです。ご注意ください。

広告

広告

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【眠らない!?】桜島フェリー

目次1、桜島フェリーとは?2、眠らないフェリー3、船内名物料理4、料金・利用方法5、アクセス方法 1、桜島フェリーとは? 鹿児島港と桜島港との間を約15分ほどで結ぶ公営のフェリーである。フェリーなので …

no image

【絶品ハンバーグ】炭焼きレストランさわやか

目次1、さわやかとは?2、人気メニューとは?3、アクセス方法・店舗詳細4、豆知識 1、さわやかとは? 静岡県内で30店舗以上を展開する超人気ハンバーグレストランである。静岡県以外の出店は今のところ(2 …

no image

【夜景100選】福岡タワー

目次1、福岡タワーとは?2、景色は?3、アクセス方法4、料金5、営業時間 1、福岡タワーとは? 福岡タワーとは、1989年に建設された電波塔である。高さは234mで日本で1番高い海浜タワーでもある。ま …

no image

【絶品熊本ラーメン】黒亭

目次1、熊本ラーメンとは?2、熊本ラーメン有名店へ行ってみた3、玉子入ラーメンを食べてみた4、アクセス方法・店舗詳細 1、熊本ラーメンとは? 豚骨ベースのラーメン、やはり九州は豚骨が強いですねー。 ト …

【初心者必見!】観光でツアーを使うべきか ~メリット・デメリット~

観光地への行き方は必ずしも1つではありません。ツアーを使うべきか否か…海外旅行にあまり慣れていない方はとても悩むかと思います。ここではメリット・デメリットを踏まえて紹介します。皆さんの合った方法で訪れ …